設置シミュレーションでの活用例


設置シミュレーション例

ARの利用方法として確立されている使い方として、シミュレーション用途があります。見えないところにARで情報を補完してあげることで、実際に置いた場合のイメージが表示される、完成像がイメージできるなど視覚的に表現することが可能です。

一般用途でのテレビの設置シミュレーション

大手家電メーカー 様もARを活用して設置シミュレーションを行っております。家電製品はテレビをはじめ、大型のものが多く、「実際に部屋に置けるのか?」の疑問を解消するツールとして活用しております。

実際に行われている例としては

  • 自分の部屋にテレビを置いたらおけるのかどうか
  • 冷蔵庫を買い換えようと思っているがどのぐらいの高さになるのか
  • カーテンを変えようと思っているがどのようなものがいいか

など、大型の家電製品(テレビ、冷蔵庫、ソファー、ベッド、車庫の屋根など)設置を中心にARを活用しております。

ビジネス用途での設置シミュレーション

ビジネス用途でもARは多くの利用例があります。

  • デジタルサイネージを設置したらどうなるか
  • 自動販売機を置いたらおけるのか
  • コピー機をおいたらおけるのかどうか

と営業マンのツールとして活用いただいております。