エム・ソフトの建設業界向けソリューション

建設業界向けソリューション

CONSTRUCTION

建設業界向けソリューション

お客様の課題
Customer issue

  • 国土交通省の推奨するI-Constructionに沿って、建設現場のICT化を推進したい
  • iPadやスマートフォンを使って、現場での効率改善に取り組みたい
  • 作業者が安心して働ける安全な労働環境を作りたい

M・SOFTの建設業界向けの
ソリューション

エム・ソフトは、画像処理技術や、AR/MR/VR、スマートデバイスを組み合わせて、建設業界の課題解決をご提案いたします。
建築の現場をデジタル化し、タブレットの図面情報と関連付け、現場情報とデジタル上のデータをリンクすることで、作業の効率化、品質の向上を実現しております。
また、3DCADのデータを基にAR/MR技術を使って、現場での建築予定の確認シミュレーションを実現し、施主やクライアント様といった顧客の満足度を向上させることも可能です。
さらに、工事現場に設置した監視カメラ映像から、遠隔モニタリングで、現場を見守るなど、常に作業者の安全を確保します。
今後、労働人材の確保が困難になる中で、生産性を向上し、品質を維持するためのソリューションをご提案いたします。

CASE STUDY

事例紹介

Case1検査・報告記録
ソリューション

できること

工事現場などの作業ポイントにデジタルのピンを貼り付け、施工中の写真や指示メモを関連付け

  • 周辺の測位情報を元に図面にピンを合成
  • 写真付きの検査報告書をレポート形式で写真をアウトプット。

導入効果
  • 場所に紐づけて写真が管理され、写真選びの手間を軽減
  • どこを撮った写真か分かりやすく、該当場所を探し出す時間を短縮
    すぐに現地確認が可能に
環境

OS:iOS,Windows
ミドルウェア、開発環境:Unity
言語:C#

検査・報告記録ソリューション

Case2建築物CG合成
シミュレーションAR

できること
  • スマホやタブレットとAR技術を使って、現地に建築予定CGをリアルタイムに合成表示
  • AR技術を使って、建築予定地で建物の完成後のイメージをクライアントに提示

導入効果
  • さまざまな角度から確認し、実際の景観との調和などが図れる
  • HoloLensなどを利用することで、歩きながら視点に応じた確認も可能に
  • 施工前のクライアントとの完成イメージのズレを防ぐことで完成後のトラブルを回避できる。
  • コンペや営業提案中であれば、クライアントの購買意欲を向上させることが可能に
環境

OS:iOS,Android,Windows
ミドルウェア、開発環境:Unity
言語:C#

建築物CG合成シミュレーションAR

Case3建築現場遠隔モニタリング
ソリューション

できること
  • NWカメラや、スマホ、ウェアラブルカメラを使ってライブ配信
  • 映像情報から作業者や建機の位置を把握したり、各工程や作業のサイクルタイムを測定

導入効果
  • 作業の進捗情報を分かりやすく可視化。あとどれくらいかかるかを直感的に分かりやすくする
  • 作業者がどこにいるのかを把握し、作業者の安全配慮や、作業効率を考えた指示が可能に
環境

OS:Windows、Linux
ミドルウェア、開発環境:AWS
言語:C#

遠隔映像監視システム建築現場遠隔モニタリングソリューション建築現場遠隔モニタリングソリューションライブ映像配信により現場情報が遠隔地でリアルタイムにわかる。
追っかけ再生可能なので特定時の現場情報を確認できます。

建設・建築分野での実績一覧

No. 件名 顧客 備考
1 屋内配管CG合成MRアプリ 大手ゼネコン会社様 HoloLensを使って、壁内に埋め込まれた配管を、実際の位置にCGで可視化
2 盛り土測量ARアプリ 大手ゼネコン会社様 スマートフォンのカメラを使って、盛り土を測位し、大きさや体積を可視化
3 建物表示シミュレーションARアプリ 国土交通省国土技術政策総合研究所 GPS情報と端末のセンサー情報を組み合わせて、建造物CGを合成表示
4 工事進捗状況CG可視化 大手ゼネコン会社様 建機の稼働情報を、センサーから取得した情報を使ってCGに反映。現場の状況をPCの画面上で可視化してモニタリング
5 建機サイクルタイム計測 大手ゼネコン会社様 建機の稼働状況を、映像から判断。特定エリア内での建機の出入り数などをカウント
6 工事現場ライブ映像配信 大手ゼネコン会社様 工事現場の状況を、現場に設置した監視カメラからライブ中継し、遠隔で現場を見ながら作業者への指示を実現
7 ドローンによる橋梁検査AR撮影 建設コンサルタント会社様 橋梁に設置したARマーカーを、橋梁検査と同時にドローンで撮影。認識した情報と橋梁情報をリンクして検査データを管理
8 設置物移動検知システム 大手ゼネコン会社様 映像処理により、建物の振動による設置物の移動を検知、動きベクトルを可視化
9 現場環境データ可視化アプリ 大手ゼネコン会社様 スマホに接続したセンサーで空間の環境データ取得、その場にARで可視化
10 配筋検出アルゴリズム開発 大手ゼネコン会社様 独自の画像処理アルゴリズムにより、1枚の写真から鉄筋を自動抽出。従来手法よりも、検出精度を大幅に改善
11 橋梁点検ARアプリ インフラメンテナンス会社様 スマートデバイスで現場における自己位置を測位、橋梁の損傷個所をARで可視化
12 BIMデータ設置シミュレーションARアプリ 大手ゼネコン会社様 BIMから出力したデータを現場にAR重畳表示、形状および位置を確認
13 劣化解析のための写真撮影補助アプリ 建設コンサルタント会社様 過去の写真撮影地点にARで誘導、定点撮影による劣化の早期把握を実現
14 360度画像による現場情報共有システム インフラメンテナンス会社様 変化する工事現場の状況を360度画像内に記録、作業者への支持や情報共有の効率化を実現
15 ドローンの飛行経路可視化アプリ 建設系研究機関 HoloLensを使って、ドローンの飛行経路を可視化
16 積載物サイズ判定ARアプリ 物流・運輸会社様 ARで仮想的に表示した実物大の計測器で、荷物の積載可否を判定
17 道路陥没箇所特定システム 大手測量会社様 点群データを解析し、道路平面と異なる点を抽出することで陥没箇所を特定
18 山岳トンネル坑内可視化システム 株式会社 安藤・間様 トンネル坑内の任意の位置を視点として、その地点の画像を360度方向に閲覧可能。トンネル全線の坑内状況を可視化

DEVELOPMENT

開発

費用と開発期間の目安

開発期間

2ヶ月

初期費用

200万円~

月額費用

0万円~

開発の流れ

STEP-01

お問い合わせ

Webのお問い合せフォーム、またはメール・電話にて直接お問い合わせください。担当から折り返しご連絡をさせていただきます。

STEP-02

ヒアリング

営業担当が、お客様の企画内容をヒアリングさせていただきます。要望が固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。概算見積りのご依頼だけでもOKです。
過去の開発事例を基に、デモのご紹介や、ヒントやアドバイスをさせていただきます。

STEP-03

企画・ご提案

お客様のご要望に合わせた開発プランとアプリケーションをご提案させていただきます。
概算見積り、開発範囲、開発スケジュールも合わせてご提示いたします。
お客様にてご検討いただき、企画内容で承諾いただければ、正式見積り・ご契約となります。

STEP-04

設計・開発

初回打合せで、企画内容、スケジュール、体制、進め方などを確認いたします。
その後、設計や試作品開発に着手し、適宜打合せの場で、試作品やデモ版を確認していただき内容を調整いたします。

STEP-05

お客様確認試験・現地調整(*)

弊社での試験後、お客様にお渡しします。
お客様側にて動作確認試験をお願いいたします。
現地での調整が必要な場合は、エンジニアも同行し、動作検証をサポートいたします。
(*出張費が発生する場合があります)

STEP-06

納品・リリース

お客様の試験にて問題が無ければ、リリースになります。
マニュアルや関連ドキュメント含めて納品となります。
操作に関するレクチャーが必要なお客様には、講習会も承っております。
リリース後に、OSのVer.アップや、モデルデータの変更・差替えが必要な場合は、別途対応いたします。

PRODUCTS

建設業界の関連製品