エム・ソフトの組込・制御ソリューション

組込・制御ソリューション

EMBEDDED CONTROL

組込・制御

お客様の課題
Customer issue

  • 新しいデバイスを活用したシステムのプロトタイプがほしい
  • センシングデバイスから得られたデータを解析するアルゴリズムがほしい
  • レーザースキャナー (LIDAR) で得た空間情報を解析したい。

M・SOFT
組込・制御システム開発

エム・ソフトでは従来から組込・制御システム開発を強みとしてきました。

  • RTOS (リアルタイムOS: μITRON や VxWorks など) を用いたファームウェア開発
  • 組込みLinuxによるシステム開発やデバイスドライバ開発
  • 画像技術をはじめとするデータ解析分野のアルゴリズム開発
  • 可視化やモニタリングおよび簡単操作のためのPCソフトやモバイルアプリ開発。
  • SBC (シングルボードコンピューター: Arduino や Raspberry Pi など) を用いたプロトタイプ開発

近年は、組込機器単体の開発にとどまらず、組込機器を利活用するためのさまざまな試みに対して関連する技術をトータルで提供し、実績を重ねています。
私たちエム・ソフトに、製造現場の IoT をはじめとするさまざまな分野の X-Tech を PoC (Proof of Concept: 概念実証) の段階からお任せください。

CASE STUDY

事例紹介

Case1MMS (モービルマッピングシステム) 向けアルゴリズム開発

某測量系企業様

できること
  • 3次元点群データからの物体検出
  • 3次元点群データ可視化のための専用ビューア作成
  • GPSやIMUからの位置情報や加速度情報と連動した3次元点群データ前処理
環境

OS:Windows
言語:C、C#

MMS (モービルマッピングシステム) 向けアルゴリズム開発
※点群データの出典:「静岡県ポイントクラウドデータベース」

その他、開発実績一覧

No. 件名 顧客 環境(OS、言語) 備考
1 デジタルカメラファームウェア 大手メーカー様 開発言語:C デジタルカメラを制御する組込みソフトウェアを開発しています。撮像、通信、入出力に関わるファームウェア、ドライバ等の製品開発を行っています。次世代製品に向けての要素技術検討や、開発に必要な支援ツールの作成にも取り組んでいます。
2 プリンタファームウェア 大手メーカー様 開発言語:C レーザープリンタやインクジェットプリンタを制御する組込みソフトウェアを開発しています。リアルタイムOS(RTOS)上で動作する印刷画像形成、UI、ヘッドの制御などを幅広く手掛けています。巨大な画像データの高速処理、高精細な画像処理に強みがあります。
3 プリンタドライバ 大手メーカー様 開発言語:C Windowsの新OSに対応したプリンタドライバの開発を行っています。新OSが一般にリリースされる前に、OSとプリンタドライバの動作を確認し、課題の整理を行います。また、既存のOS向けにリリースしているプリンタドライバの保守も行っています。
4 医療機器制御 大手メーカー様 開発言語:C 今日、医療に使われる機器の性能や機能は飛躍的に進歩しており、高度に複雑化しています。これらの機器をやさしく安全に制御できるような医療用制御システムを開発しています。
5 半導体露光装置用ソフトウェア開発 大手メーカー様 開発言語:C 半導体露光装置に搭載されているソフトウェアを開発しています。装置内のサーバーで動作するプログラムや、ユーザーインターフェースとなるGUI、装置の運用に使用するツールなど、幅広い分野に携わっています。過去には、開発を支援するシミュレータや、組込みの装置制御部分を開発した実績もあります。
6 鉄道車輛用制御装置 大手メーカー様 開発言語:C 車両モニタシステム、車内案内表示器、車両と駅間の無線通信システム等鉄道車輌用装置制御システムを開発しています。

DEVELOPMENT

開発

開発領域

OS

Windows、Linux

ミドルウェア、開発環境

μITRON, VxWorks, Arduino, Unity

開発言語

C, C++, C#

開発の流れ

STEP-01

お問い合わせ

Webのお問い合わせフォーム、またはメール・電話にて直接お問い合わせください。担当から折り返しご連絡をさせていただきます。

STEP-02

ヒアリング・ご提案

担当が、お客様の要望をヒアリングさせていただきます。要望が固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。概算見積りのご依頼だけでもOKです。
内容に応じて各種ご提案もさせていただきます。

STEP-03

機能設計

正式ご発注後に、担当がエンジニアと一緒にスケジュール、体制、進め方などをお打ち合わせいたします。
その後は、規模により定例ミーティング等を通じて、設計レビューを実施いたします。また、必要に応じて、設計と並行して、動作のイメージできるモックアップアプリを開発いたします。

STEP-04

開発・試験

設計がFIXしたものについて、開発に移行します。
関連システムなどの環境も併せて構築いたします。

STEP-05

納品・お客様確認試験

弊社での試験後、お客様にアプリケーションを納品いたします。お客様側にて動作確認試験をお願いいたします。業務アプリケーションなど、お客様側のシステムと連携する場合は、結合しての確認となります。

STEP-06

検収

お客様の試験にて問題が無ければ、マニュアルや関連ドキュメント含めて納品し、検収となります。