エム・ソフトのAR/MR/VR/XRソリューション

AR/MR/VR/XRソリューション

AR/MR/VR/XR

アプリ開発

お客様の課題
Customer issue

  • ARアプリを企画しているが、費用感やどのような手順で進めるか分からない
  • ARライブラリやプラットフォームが複数あり、どれを選択してよいか分からない
  • 実証実験から付き合ってくれる会社を探している
  • AR関連の豊富な実績のある会社を探している
  • コンテンツ配信サーバーも一緒に任せられる会社を探している
  • なるべくコストを抑えてアプリを開発したい
  • ARだけでなく、XR全般としてお願いしたい

M・SOFT
AR/MR/VR/XRアプリ開発

ARアプリ開発

ARアプリ開発

現在、ARは、有償・無償の複数のARエンジンが存在しています。
当社は、世界発のARライブラリであるARToolKitの日本国内代理店*をARの初期段階から携わり、多くの実績とノウハウを蓄積してきました。
マーカー型からマーカーレス、GPSでのエアタグAR、ブラウザだけで実現する話題のWebARなど多種多様なARアプリの開発をしています。また、当社の得意とする、画像・映像技術に加え、Web技術も併せた総合的なARサービスも提供しています。
ARKit、ARcore、ARToolkit、Vuforiaなど、最適なエンジンの選択、各OSでのネイティブ言語によるフルスクラッチ開発やUnityでの開発など、お客様の要望に合わせた環境での開発をご提供いたします。
*現在、ARToolKitはオープンソース化され、誰でも自由に利用することが可能です。

MRアプリ開発

MRアプリ開発

近年では、ARとVRの良いところを融合し、現実と仮想の3次元空間を高度に合成させる技術であるMR(Mixed Realty:複合現実)技術も広がっています。当社は、MicrosoftのHoloLensの認定パートナー**として、MRアプリの開発が可能です。
HoloLensをはじめとした各種ヘッドマウントディスプレイ・ウェアラブルデバイスを使ったアプリケーション開発も承っております。
**エム・ソフトは、「Microsoft Mixed Reality パートナープログラムの認定パートナー」に認定されています。

VRアプリ開発

VRアプリ開発

VRでは大きく分けて、実写映像タイプ、CGタイプと二つに分かれます。実写映像タイプでは、360度カメラなどで撮影した動画をサーバーからのストリーミング配信や再生コントロール、アクセス管理や視聴ログといった機能を開発いたします。CGタイプでは、仮想の世界を全てCGで構築し、目的に沿ったシナリオの検討、CG制作と配置、インタラクションの設定などを、Unityを使って開発します。

XRアプリ開発

現在、AR/MR/VRは大きく進化し、これらを総称してXR技術という概念も生まれています。
スマートフォンやヘッドマウントディスプレイ、ウェアラブルデバイス、各種センサーを複合的に組み合わせる事で、現実空間から仮想空間、仮想空間から現実空間へといった双方向のシンクロにより新しい体験が可能になります。例えば、遠隔地との共有体験を実現するといった事が可能になり、これまで物理的制約のあった世界がデジタルにより拡張されると同時に、実世界での行動やフィードバックを得られる体験により、新たなライフスタイルやビジネスを創出します。
エム・ソフトでは、企画段階から参加し、PoC(概念検証)、各種プロトタイプ作成、実証実験などを通じてお客様と一緒にXRアプリ開発に取り組みます。

SELLING POINT

強み

ARの豊富な知見と実績

エム・ソフトでは、2009年にARToolKitのライセンスを取り扱う日本の販売代理店として、ARビジネスをスタートしました。これまで多くのライセンス販売を通じ、様々なARアプリに関する企画や技術サポート、受託開発に携わってきました。
現在では、ARKitやARcoreに代表される各種ARエンジンを始めARの実現方法は複数あります。ARの初期から携わっていた当社では、過去の経験を活かし、ARを初めて活用するお客様に対し、丁寧にヒアリングをさせていただき、技術選定を含めた最適なARをご提案します。まだ、要件が固まっていない場合や、技術的な不安がある場合は、技術検証を踏まえた設計・開発など、段階的な導入も可能です。

Microsoftの
HoloLens認定パートナー

HoloLensはMRを実現するため最適なデバイスの一つです。当社ではHoloLensアプリの開発実績によりMicrosoft社から正式なパートナーとして認定されています。
HoloLensでの複数ユーザーの同時共有体験や、音声入力による音声コマンドでの指示など、HoloLensを最大限に活用したアプリケーションなどを提供いたします。
当社では、現地にも足を運び、環境に適した調整をするなど、ベストな結果になるように最善の努力をいたします。

BIZ-ARによる
ARのソリューション提供

これまで開発してきた様々なAR製品をベースに、ARをより効果的に使うための様々な周辺機能やシステムをBIZ-ARとして提供しています。
基本ベースとなるARアプリと、クラウド上からのコンテンツ配信システム(CMS)を利用することで、お客様はコストを抑えて、素早くARのサービスの立ち上げが可能になります。用途別に観光向けARアプリ、設置シミュレーションARアプリなどを用意しています。
また、エム・ソフトでは、AR以外にもこれまでの多くの組込み開発、Web・クラウド開発まで豊富な知見で、関連システム含めて幅広く対応いたします。

企画からアプリストアへの申請、OSアップデートまで安心のサポート体制

エム・ソフトでは、ARアプリを始め、多くのスマホアプリも開発しています。企画・デザインから開発、導入フォロー、アプリストアへの登録、運用サポートまでワンストップで対応し、初めてARアプリを企画されているお客様にも安心していただけるように、ワンストップでサポートしています。
また、開発以外に、当社の専任デザイナーによるUI/UXデザインも対応しています。
アプリのリリース後、iOSやAndroid OSがアップデートされた場合や、AppleやGoogleの開発規約変、新しい開発環境など、常に新しい情報を収集しています。先行した技術調査により、お客様に影響範囲の情報をご連絡いたします。修正が必要な場合は、こちらでテストをして、お客様のアプリへの影響を最小にし、安心してお使いいただけるように対応しています。

実証実験から製品化まで柔軟対応

ARやMR、VRなどを用いた先進的な取り組みの場合、実証実験から段階的に進めることも可能です。
試作品を開発・検証を繰り返し、ステップごとに、当社エンジニアがお客様と一緒に考え、作りこみいたします。
顧客提案に向けたPOC用のアプリなど、要件の決まっていない企画プロジェクトで、リスクと予算を抑えた開発が可能です。

CASE STUDY

事例紹介

Case1自販機設置シミュレーション
ARアプリ

大手飲料メーカー様

できること
  • カメラを起動後、設置したい場所をタップすると自販機CGが出現
  • 向きや位置を調整し、写真撮影
環境

OS:iOS、Android
ミドルウェア、開発環境:Unity
言語:C#

自販機設置シミュレーションARアプリ

Case2大型イベント用HoloLensアプリ
「ゴジラ・ナイト」

東宝、ピクチャーエレメント様

できること
  • 日比谷の交差点にリアルサイズのゴジラをHoloLensで実現
    複数のユーザーがHoloLensを装着して、リアルタイムに同期した状態でゴジラ襲撃を体験。Azureと連携し「ミサイル発射!」を音声認識して、ゴジラを迎撃!
環境

OS:Windows
ミドルウェア、開発環境:Unity
言語:C#

大型イベント用HoloLensアプリ「ゴジラ・ナイト」

Case3自動車ショールーム用
ARガイドアプリ

ビックウエスト様

できること
  • Toyotaのお台場にあるショールームで、トヨタの次世代技術であるTNGRを来場者にわかりやすく説明するために、ARを導入
環境

OS:Android


導入効果
  • 来場者にスマートデバイスを貸し出し、スケルトンボディのTNGR車に端末をかざすと、ARで実際の車とCGが合成されて分かりやすいガイドを実現

自動車ショールーム用ARガイドアプリ

その他、開発実績一覧

No. 件名 顧客 環境(OS、言語) 備考
1 写真館向け動画ARアプリ 写真撮影サービス会社様 環境(OS、言語):iOS、Android 写真をスマートフォンのカメラを通して専用アプリ上に表示させると、写真が撮影された時間の6秒前にさかのぼってシャッターが押される瞬間までの映像がアプリ内をARで表示します。
2 ショールーム展示ガイド
MRアプリ
イベント企画会社様 環境(OS、言語):Android AR/MR技術を活用した展示品ガイドアプリです。展示された自動車のに専用のタブレットをかざして、CGや動画を織り交ぜながら、実在するフレームにCG映像を重ね合わせて紹介。
3 百貨店イベント用
ARサイネージ
百貨店様 環境(OS、言語):Windows 都内の大手百貨店で開催された、テディベア展やバレンタイン企画で、それぞれ企画に合わせたデザインをご用意しました。サイネージの前に立つとカラフルなキャラクターに変身、その場で写真を撮影して、自分のスマホへ取り込む事が出来ます。
4 自治体観光用ARアプリ 自治体 環境(OS、言語):iOS、Android 観光アプリ基盤「かんぷら」のOEM版として、埼玉県狭山市の観光アプリ「狭山スマートナビ」を制作。バス停や公衆トイレなどを含め、狭山市内の700余りのスポットが登録されています。
5 京都大原三千院
スマートナビ
広告代理店 環境(OS、言語):iOS、Android 京都大原の名刹、三千院で、参拝客のガイド用アプリとして「かんぷら」OEM版をご採用いただきました。
境内のガイドをするだけではなく、スタンプラリーも定期的に開催されています。
6 美瑛・富良野トラベルナビ 丘のまちびえい
活性化協会
環境(OS、言語):iOS、Android 北海道美瑛町と富良野市に亘る広大なエリアの観光スポットをガイドするアプリに「かんぷら」OEM版をご採用いただきました。日本語・英語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)・韓国語の5言語に対応しています。
7 展示会プロモーション
ARサイネージ
オーストラリア
政府環境局様
環境(OS、言語):Windows ツーリズムEXPO2017のオーストラリア政府環境局ブースにおいて、ARサイネージがご採用されました。
サイネージの前に人が立つと、3DCGのコアラやカンガルー、エミューが現れ人の周囲を動き回ります。
8 自動販売機設置
シミュレーション
商社様 環境(OS、言語):iOS、Android 飲料の自動販売機の3DCGをARマーカーの上に実物大で表示します。設置前に設置後のイメージを掴んでいただく事が出来ます。
9 地形測量ARアプリ 大手ゼネコン様 環境(OS、言語):Android スマートフォンで現状の地形を把握し、土砂災害時の復旧工事を迅速化します。AndroidのTangoを搭載したスマートフォンを使って、のり面の高さや断面形状、盛土の体積などを計測する簡易測量アプリ
10 自動車ホイールフィッティング
ARアプリ
出版社様 環境(OS、言語):iOS、Android カタログをスキャンしてホイールを選択し、自分のクルマに様々なアルミホイールを履かせて、どれが似合うかフィッティングする事が出来ます。
11 掃除機カタログARアプリ 電機メーカー様 環境(OS、言語):iOS、Android カタログの裏面に印刷されたマーカーをかざすと、掃除機が実物大で表示されます。画面タップでアニメーションを開始。空気清浄器が掃除機に変身します。
12 イベントMRアプリ ピクチャーエレメント様 環境(OS、言語):Windows MicrosoftのHoloLensを使って、日比谷の街にゴジラが出現したゴジラを見ることができるアプリを開発。
複数台のHoloLensをシェアリングさせ、複数ユーザー同時体験を実現しました。

DEVELOPMENT

開発

開発領域

OS

iOS、Android、
Windows、Linux

ミドルウェア、開発環境

Unity、Xcode、
Android Studio

開発言語

Objective-C、Swift、Java、Kotlin、C、C#、HTML5、JS、CSS、PHP

対応ARエンジン

ARKit、ARcore、
ARToolKit、Vufolia

DB

SQLite、MySQL

お客様に合わせた2つの開発プラン

受託開発
  • 企画内容や要件が固まっているお客様向けの開発プランです。
  • 概算見積りから開発・リリースまでワンストップにて対応いたします。
ラボ型開発
  • まだ要件が固まっていない、初期投資を抑えたい、といったお客様におすすめな開発プランです。
  • 予算規模、期間、進め方などにより、専任チームを確保し、柔軟に進めます。

開発の流れ

STEP-01

お問い合わせ

Webのお問い合わせフォーム、またはメール・電話にて直接お問い合わせください。弊社担当から折り返しご連絡をさせていただきます。

STEP-02

ヒアリング

弊社の営業担当が、お客様の企画内容をヒアリングさせていただきます。要望が固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。概算見積りのご依頼だけでもOKです。
過去の開発事例を参考に、デモのご紹介や、ヒントやアドバイスをさせていただきます。

STEP-03

企画・ご提案

ご要望に合わせた開発プランとアプリケーションをご提案させていただきます。
概算見積り、開発範囲、開発スケジュールも合わせてご提示いたします。提示した企画内容で承諾いただければ、正式見積り・ご契約となります。

STEP-04

設計・開発

正式ご発注後に、担当がエンジニアと一緒に、企画内容、スケジュール、体制、進め方などをお打ち合わせにより詳細を固めます。
その後は、規模により定例ミーティング等を通じて、設計レビューを実施いたします。デザインをご希望のお客様には、弊社の専任デザイナーにより、UI/UXデザインのご提案をさせていただきます。関連システムとの連携が必要な場合は、この段階で設計いたします。また、必要に応じて、設計と並行して、ARの動作確認や各種認識率のテストなどを実施します。設計とプロトタイプがFIXしたものについて、本番製品開発に移行します。関連システムなどの環境も併せて構築いたします。
また、お客様にて準備いただく素材がある場合は、このタイミングでご支給いただきます。

STEP-05

お客様確認試験・現地調整

弊社での試験後、お客様にアプリケーションをお渡しします。お客様側にて動作確認試験をお願いいたします。業務アプリケーションなど、お客様側のシステムと連携する場合は、結合しての確認となります。
現地での調整が必要な場合は、弊社エンジニアも同行し、動作検証をサポートいたします。**

STEP-06

納品・検収・アプリストア申請*

お客様の試験にて問題が無ければ、マニュアルや関連ドキュメント含めて納品し、検収となります。
また、公開アプリの場合は、アプリストア、マーケットに公開いたします。*
申請のためのライセンス等の準備をいただきます。(サポート、代行作業あり)**
もし、審査でリジェクトされた場合は、対応を協議し、必要な対策をして再申請いたします。

STEP-07

公開・サポート

各ストアでの審査完了後、一般公開が可能になります。
関連するサイトや告知などと併せて、お客様の任意のタイミングで、公開いただけます。
また、リリース後に、OSのVerアップなどでアプリに影響がある場合は、アプリの修正・アップデートをいたします。

*公開アプリの場合 **有償OP

ラボ型開発の流れ

STEP-01

ヒアリング・企画・チーム体制ご提案

お問い合わせ受付後、弊社の営業担当が、お客様の企画内容をヒアリングさせていただきます。最終的なゴール設定や懸案事項などの課題をリストアップいたします。
要望が固まっていない場合でも、お気軽にご相談ください。
体制、概算見積り、開発方針、ステップ別の開発目標、合わせてご提示いたします。

STEP-02

専任チームによる短期目標設定と開発開始

正式契約後、担当エンジニアにより、初期ステップの目標や進め方を設定します。その後は、定例ミーティング等を通じて、開発状況や成果・課題を報告いたします。
また、想定外の状況になりそうな場合は、早めにご報告させていただき、ステップの途中でも進め方や目標設定の変更をご相談させていただきます。

STEP-03

検証確認

ステップの区切りのタイミングで、次のステップに進むかどうか検証いたします。お客様の期待する内容を満たしているか、課題は無いかといった観点で、お客様と綿密な打ち合わせをいたします。次ステップに進むか、あるいは、別の方法で再アプローチするかなどを検討し、ご契約を継続の有無をご判断させていただきます。
また、製品化などのフェーズに移る場合は、ラボ型から受託開発型に変更いただく事も可能です。