ピタッ!と測れるコンクリート打ち残し数量計算ARアプリ「ピタコン」の販売を開始

NEWS

ニュースリリース

お知らせ

ピタッ!と測れるコンクリート打ち残し数量計算ARアプリ「ピタコン」の販売を開始

株式会社エム・ソフト(本社:東京都台東区、社長:飯田昌宏)は、株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)と共同で開発した、コンクリートの打ち残し数量をひとりで簡単に測量、計算できるARアプリ「ピタコン」の販売を開始します。
「ピタコン」は、LiDARスキャナ搭載のiPadまたはiPhoneで利用可能であり、企業向けアプリとして社内配布する形式で導入いただけます。

■「ピタコン」とは
「ピタコン」は、LiDARスキャナを搭載したiPadやiPhoneを利用し、AR(拡張現実)を活用してコンクリート打ち残し数量を簡単に計算できるアプリです。コンクリート打設工事の際に生じるコンクリートの打ち残し数量の測量を可能にします。
従来の手法である巻き尺(コンベックス)と電卓計算での測量に比べ、測量時間を短縮できることに加え、1人で測量できるため、測量業務を大幅に省力化します。また、測量後、その場ですぐに測量結果の確認も可能であり、業務効率の向上、コンクリート注文数量の精度向上に役立ちます。
「ピタコン」は、大林組の社内標準アプリとして、土木・建築工事に導入される予定で、測量業務の省力化が見込まれています。

【対応端末】LiDARスキャナ搭載のiPadまたはiPhone
  iPad:iPad Pro(第4世代)12.9インチディスプレイ、iPad Pro(第2世代)11インチディスプレイ以降
 iPhone: iPhone 12 Pro,iPhone 12 Pro Max
    *ピタコンは、株式会社大林組と株式会社エム・ソフトが共同開発したスマートフォンアプリケーションです。

■開発の背景
エム・ソフトは、ARの黎明期から、ARToolKitの販売代理店を通じて、多くの方にARの魅力を伝えるべく長年取り組み、多くのアプリケーションを開発してきました。近年では、ARをはじめVR/MRを含めたXR領域として、様々なお客様にソリューションを提供しています。
特に、建設業界においては、国土交通省の推進するi-Constructionにより急速にIT化が進んでおり、エム・ソフトでも、得意分野であるAR・画像技術を活用した現場の生産性向上の提案をしてきました。
また、2019年には、土木工事における土量や地形を把握するスマホアプリ「スマホdeサーベイⓇ」*を大林組と共同開発し、販売を開始いたしました。
今回、新たに土木・建築工事における残コンの課題の解決にむけて、コンクリート打設業務の生産性向上、及び、残コンの減少を目的に、大林組と共同で、エム・ソフトのAR技術を活用した「ピタコン」を開発いたしました。

   *スマホ de サーベイ®は、株式会社大林組の登録商標です。
   *スマホ de サーベイ®は、株式会社大林組と株式会社エム・ソフトが共同開発したスマートフォンアプリケーションです。
     NETIS(KT-200159-A)に登録されています。


■ピタコンを使うメリット
1. ひとりで簡単測量!
巻き尺(コンベックス)や電卓を用いた従来の測量方法では、2名の計測員が巻き尺を持って計測し、計測結果を元に電卓で体積を計算する必要がありましたが、ピタコンを使えば、ひとりの計測員がその場で簡単に測量することが可能です。

2. 即座に結果確認!
スマホで計測範囲を指定するだけの簡単作業で、即座にその場で測量結果を確認することができます。計算結果がすぐに表示されるため、待ち時間がほとんどなく、かつ計算ミスを防止することが可能です。業務効率化とコンクリート注文数量の精度向上の効果を期待できます。

3. コスト削減、環境対策!
コンクリートの注文数量の精度が向上することで、不要なコンクリート注文の発生を抑制することができます。注文、処理費用を削減できるのはもちろん、不要な建設副産物の発生を抑止することが可能なため、DX(デジタル・トランスフォーメーション)やSDGsの推進に貢献できます。


■主な使い方
ピタコンの使い方は以下のとおりです。

1. 仕上がり面の高さを指定
    対象となる仕上がり面を認識させ、高さを指定します。

2. 計測点に仮想ポールを設置
    対象となる計測範囲に、ARで仮想ポールを設置します。

3. 深さを指定
    底面を指定して、深さを計測します。

4. 計算結果の表示
    その場ですぐに測定結果が確認できます。

■注意点
· スマートフォンを操作する際は必ず立ち止まり、周囲の状況を確認してください。
· 計測中に移動する際はスマートフォンの画面を注視することなく、周囲の状況を確認して移動してください。
· 本アプリは簡易測量アプリです。計測結果、精度を保証するものではありません。
· 使用環境によっては、仮想ポールの位置が不安定になり、大きくずれる場合があります。
· 暗い場所、人などの動体が多い場所、特徴のない地面などでは、仮想ポールを設置する平面を検出できない可能性があります。

■エム・ソフトについて
エム・ソフトは、独自の画像処理領域を始め、組込みソフトウェアからモバイルアプリ、クラウド・Webシステムまで、30年以上に渡り豊富な実績を蓄積してきました。また、産学連携による先進技術の導入など、エム・ソフトにしかできないサービスを提供しています。

■BIZ-ARについて
エム・ソフトでは、早い時期からARのビジネス利用を目指し、取り組んできました。「ARでお客様のビジネスを革新する事」を目標に、ARや関連分野であるVR/MRを含めたXR領域まで、様々な取り組みをBIZ-ARソリューションとして提供しています。

ソリューションサイト:https://biz-ar.jp/
「ピタコン」製品情報:https://biz-ar.jp/service/pitacon/

■本製品に関するお問い合わせ先
株式会社エム・ソフト サービス事業推進室
ピタコン担当
sales_info@msoft.co.jp

2021.04.22