Unityで開発するならこちら:NyARToolKit for Unity

NyARToolKit for Unity

概要

unity-logo

NyARToolKit for Unity とは、ARToolKit v2を参考にJavaに移植、カスタマイズしたライブラリをさらにC#に移植したNyARToolKit for C#をベースとしています。

NyARToolKit for C#のライブラリに対してUnityの機能のみを用いて、Unity上で開発ができるようにさらにカスタマイズしたため、Unityと親和性の高いライブラリとなっています。

機能面では、ARToolKitの代表的なマーカーベーストラッキングの機能が実装され、NyIDマーカーをサポートしています。なお、NyARToolKit Pro版においてはマーカーレスの自然画像トラッキング(NFT)が実装されており、マーカーの代わりに画像を用いたARアプリケーションを開発することが可能です。

開発言語

NyARToolKit for Unityを用いたアプリケーション開発には、Unityが必要となります。

ライセンス

以下サイトをご確認ください。

NyARToolkitのライセンス変更のお知らせ | NyARToolkit project
http://nyatla.jp/nyartoolkit/wp/?p=1045