チラシ/カタログでの活用例


チラシでの活用例

チラシ/カタログといった紙媒体では、文字と画像でしか表現することができませんでした。
その紙媒体にARのマーカーを印刷することによって、文字・画像で表現できなかった新たな表現手法が可能になります。
従来の文字・画像の表現方法に動画や音声を加えるといった、新たな表現方法が可能になります。
昨今では技術も向上し、マーカーレス技術を活用して既存の紙媒体をそのまま利用が可能となりました。紙面の内容をそのまま変えずに活用できるメリットがあります。

料理のチラシにかざすと調理方法を動画で説明!

ar_image

料理のチラシにかざすことで、

  • 調理済みの料理が表示される
  • 調理方法の動画が流れる

といった使い方が可能です。

動画で流すことにより、ユーザは視覚的にイメージでき、より理解を深めることが出来ます。

 

 カタログに書ききれなかった内容を動画で説明!

 製品カタログ、通販カタログ、製品パンフレットなどでも利用されております。パンフレットをかざすことで

  • 製品であれば組み立て動画が表示される
  • ファッションであれば着こなした場合の動画を流す

といった使い方が可能です。